【こどもクリエイティブ大学通信 #7】



今回は、先生のご紹介です。

こどもクリエイティブ大学のプロジェクトでは、その道の「達人」をお招きして、こども達に秘技を伝授していただいてます


第1期と第2期のプロジェクトでは、商品開発や新規事業などの手法として使われる「デザイン思考」の達人、林浩平さんに来ていただいてます!


林さんは、新事業創出やベンチャー経営などに携わっていらっしゃり、デザイン分野で活躍する企業の取締役もされています。そして、グロービス経営大学院という、日本最大のビジネススクールで「デザイン思考」という科目で教鞭を執っていらっしゃいます(^^)


物腰柔らかい話し方で、子ども達も聴き入ってしまう、ステキな方です♪

子ども達の気持ちに寄り添い、それぞれの力に合わせて、「もう少しの伸びしろ」を引き出す問いかけや提案が絶妙です!



<第1期に参加したお客さまの声> ・一度できあがったものをこわしてみよう、など相手を見極めて挑戦的な課題も出していらっしゃって、興味深かったです。ことばにするのが難しい子もいたので、引き出す質問をたくさんしてくださったのも良かったです。 ・それぞれの子供に対して褒めるところと、その上での「ここ」というピンポイントでアドバイスがあったことがよかったです。娘に「もう一つ別のアイディアを出してみたら」とアドバイス頂き、そしてそれがなぜ必要なのか、どこを変えてみるといいかが分かりやすかったです。ありがとうございました。 ・息子曰く「あんな優しい人なかなかいないよ」と言ってました。笑。フィードバックなど一人一人に合わせてしていただき、ありがたかったです。 ・子供たちの作品のポジティブな面を評価されるお話しぶりは大変参考になりました。 ・例を話してくれて分かりやすかったのと、他のことでも役立ちそうなアドバイスが勉強になりました。同じことをあらゆる視点から何度も考えることが大切だと学びました。 ・アドバイスが具体的で分かりやすかった。 ・笑顔で対応しているので物怖じせず話が聞けていたようです。



それぞれの子の個性に合わせて伸ばしてくれる林先生と一緒に、社会に出たときに役立つ経験をしてみませんか?



次回は、ナビゲーターについてご紹介します。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示